業務内容
土地に関する業務
土地表示登記
 道路、水路等の公有地の払下げを受けたときなど
土地分筆登記
 土地の一部を売りたいとき、又は遺産分割などで土地を分けたいときなど 
土地合筆登記
 数筆の土地を1筆にまとめるとき
土地地目変更登記
 山林や畑等であった所に家を建て宅地に変更した等、土地の用途を変更したときなど
土地地積更正登記
 登記簿に記載されている面積(公簿面積)と実際の面積(実測面積)が違っているとき
 に正しい面積
になおしたいとき
土地境界測量
 家を建てる、塀などを造る、土地を売買するときなどで境界杭がないため隣との境界が
 わからないときなど 
実測図見本
GPS測量
 基準点測量、高精度な測量、縦断・横断測量、地形測量、RTK-GPS測量など
建物に関する業務
建物表示登記
 建物を新築したときや、建売住宅を購入したとき
建物表示変更登記
 建物を増築したときや、車庫などの附属建物を新築したとき
 又は、家の一部を取り壊した場合
建物滅失登記
 新たに建物を建築する為、現在の建物を取りこわした時。火事で焼失してしまったとき
区分建物登記
 マンションや共同住宅等を新築したとき

作業手順(主に土地について)
資料調査 法務局や市町村役場、道路管理者等などから現地を調査測量するために必要な測量成果、各種図面等を収集します。
基準点測量 境界点の位置を特定するため国家基準点を与点とし、後から行う現地調査測量の基準となる点(基準点)の位置を求める測量です。
当事務所ではGPS測量機を使用し、電子基準点を与点として高精度に基準点を設置いたします。これにより一度設置した境界点が無くなっても高精度に復元することができます。
現地調査測量 測量する土地の周辺に存する境界標、構築物、現況道路、水路、地形など境界を確定するために必要となるものを調査・測量します。
調整計算等 現地を調査測量した結果と資料集した測量成果、各種図面と照合・点検し、面積・辺長等を調整し、周辺土地との均衡調整を図り、境界を確定します。
仮杭測設 調整計算により確定した境界点に仮杭(木杭)を設置いたします。
立会業務 敷地の隣接地権者や道路管理者に現地に来てもらい、仮杭の確認をしていただきます。
境界標埋設 仮杭をコンクリート杭に埋め替えます。
また現地の状況により、プラスチック杭、金属標などを設置する場合もあります。
申請業務 各種登記の申請書、付属書類を作成し法務局に提出します。