GPS(Global Positioning System)測量とは、アメリカ国防総省によって運用されているGPS衛星の位置や時刻
等の電波情報を利用し位置を計測するシステムです。

現在では、地上より高度約20,000kmに位置する6種類の円軌道に、24個の衛星が存在しており、天候や地域が限定されることなく、24時間位置や時刻等の電波情報を提供しています。

実際には、4個のGPS衛星の距離を同時に測定することにより、観測地点の位置を決定し、衛星からの距離は、衛星から発信される電波が受信機に到達するまでに要した時間から求めます。

GPS測量には次のような特長があります。

  1. 高精度な測量ができる。
  2. 長距離の測定ができる。
  3. 昼夜の連続観測ができる。
  4. 天候に左右されることが少ない。
  5. 測点間の視通が不要る(従来では、測点間の視通は必要不可欠であった)。
このページでは2001年に導入したGPSでの実験および電子基準点を使用した場合の既設成果との座票差などについて紹介します。

1.電子基準点を与点としたGPS測量により観測された基準点の復元性についての実験

2.三角点の国土地理院成果と電子基準点を使用した実測値の差

3.電子基準点を使用した実測値と基準点との座標差について

4.旭川市西御料地区(平成12年に区画整理完了)の調査結果

5.電子基準点を使用した場合と三角点を使用した場合の新点の座標差について

6.深川市地籍図根点成果と電子基準点を使用した実測値の差

7.スタティック測量とVRS測量との座標差